どうしてウチだけ?

敷地内に巣がある

敷地内に巣がある

クロアリはどこにでも巣を作りますが、基本は地面に穴を掘って営巣します。例えば、庭木や垣根などの下少し隠れていて、見えにくいところを探してみてください。自宅の敷地内に巣があると、やはり室内に侵入する可能性も否定できません。

雨漏れ、水周りからの漏水

雨漏れ、水周りからの漏水

クロアリは腐った木に巣を作る習性があります。雨漏り、漏水などで木材が湿ってしまい、腐ってしまうとそこは非常に営巣に適した環境となります。もともと湿気の多い浴室や台所の床下はもちろんですが、雨漏りによる天井裏や壁内への営巣もしっかりチェックする必要があります。

シロアリの被害がある

シロアリの被害がある

クロアリは、シロアリをエサにします。そのため家屋にシロアリが生息している場合、クロアリが侵入するケースも多く見られます。基本的にシロアリは床下の湿った環境を好み、通常目に触れることがないため、発見しにくいのですが、きちんとチェックする必要があります。

周辺環境

周辺環境

家の周りに森林や畑があったり、もともと湿気の強い土地であるなど、その土地の周辺環境によってアリが生息しやすい場合もあります。この場合、環境を改善することは難しいのですが、例えば枯れ木や朽ち木を撤去する、雑草などを刈り、地面を乾燥させるなどの出来る対策を行うことも重要です。

クロアリは完全駆除が難しいので、発生原因の究明は不可欠です。
再発を防ぐために原因から対処することが重要です!